参考写真 時代衣装


久しぶりに参考写真です。
1800後期の雑誌から。
e0324838_23583632.jpg

e0324838_23595208.jpg

e0324838_23590678.jpg

元々は服飾関係の仕事をしていたのでで、やはりこういうところに目がゆきます。
女性の服装の変化は著しいのに比べて男性のファッションは、特に近代になってからは変化に乏しいです。
ですが、現代の男性のファッションは今まであったものをぶち壊すという意味ではとてもやりがいのある仕事でした。
今でもそう思います。


by wisteriaYT | 2018-06-11 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

e0324838_23565890.jpg

e0324838_23571348.jpg

e0324838_23572313.jpg

e0324838_23573515.jpg

かけらでも欲しいですね。これは近所の博物館で展示されているもので、どれもこの町内の地中に埋まっていたものです。バルセロナの旧市街は古い町の上からどんどん新しい町を作っていたので、掘れば掘るほど古い町が出てくるのです。遺跡には通りや台所、商店でも何を生業としていたかまでわかります。中世に交易で栄えたバルセロナがどこの国と貿易をしていたのかもわかるのです。




by wisteriaYT | 2018-03-22 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

白いカップ色々

e0324838_00122771.jpg

フォルムの美しいカップたち。


当店の商品購入をご希望の方は非公開コメントで、またはこちらから

当店、海外で事業登録しています。

ご注文前にご注文方法など / 訪問販売法に基づく表記 もご覧下さい。

当店の商品写真を使用したい場合は一言おかけください。

Etsy

Facebook

pinterest

Instagram


by wisteriaYT | 2018-02-14 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

e0324838_02585206.jpg
ご覧の通りです。小ぶりの良い像だったのですが、セラーの梱包がきちんとしていなくて壊れて届きましたよ。薄いバブル1枚に適当にダンボールで包んだだけ。箱にしていなかったので、圧迫されたらひとたまりもないです。早速セラーに連絡し、「梱包がよくないです」と、指摘すると、「私のせいですか?」とのこと。
「郵便局がちゃんとしていないんじゃないの?」
「郵便局や宅配業者が信用できないのはわかりきったこと。その上できちんと梱包してお客に安全に届ける必要があるのでは?」

らちが開かないので、また諦めました。また、ということは以前にもあったということで。毎回思うんですが、事故を未然に防ぐことで、売り手とお客にストレスがたまらないようにできるはずなんです。私が知る限りの海外のセラーは「起ったあとで考えれば良い」そんな感じです。改善するのは単純なことなんですけどね。
こんなことが数回起こり、今年は仕入れで結構な損害出ちゃいました。 写真にダメージ写していないとか。
クレームすると電話で脅迫してきたとか、結局商品届かないとか。。。そんな連中と真っ向勝負するのは時間の無駄なので、事実だけ言って関わらないことが一番です。

かわいそうなアッシジのフランチェスコは当店で修理して出品します。
本当に申し訳ない。。。



by wisteriaYT | 2017-12-29 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

1800年代の雑誌から

e0324838_02012285.jpg

e0324838_02021443.jpg

e0324838_02025718.jpg

ファッション関連の技術系が本来の仕事なので、やはりこういった記事に目が止まります。
勤めていたブランドが時代衣装の影響を大いに受けていたので。その頃から古い写真などは
度々目にしていたけれど、なかなか実物を手に取る機会がない。
もちろん博物館でそういうことできないし。ここへ来てから触って生地の感触を確かめたり、ひっくり返して縫製をチェックできる機会に恵まれてかなり嬉しいのです。



by wisteriaYT | 2017-06-21 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

ちょっと愚痴を。。。

ちょっと愚痴りたくなる。骨董市ばかりでは商品が不足なので、
ネットでも仕入れをすると、10回に2回はこんな事になる。
もしかしたらもっとかもしれない。すぐに破損部分の写真を送って、
素早く返品または値引きに応じてくれるならいいです。
大抵は言い訳。
*ちゃんと梱包した。
*運送屋が悪い。
*不運な事故。
その言い訳に理路整然と説明して、なんとかしてもらう為に溜まるストレス。
一度なんか、夕方電話してきて「今、銀行のATMから返金したから、すぐに悪いフィードバックを取り消してくれ」
普通は、翌日に着金確認後でしょう。「さもないと、そっちに悪い評価つけるぞ」と、来た。
「どうぞ、ご自由に。私は評価にあったままを記載します。脅迫の悪い評価は怖くないです」と、私。
外人は異常に悪い評価を気にするようです。だったら最初から気をつければいいのに。
「転ばぬ先の杖」「備えあれば憂いなし」という言葉がないんでしょうか。
下のファティマは問い合わせしても返答なし。この写真だけじゃなくもっと多数の破損到着あるんです。
もちろん、当方もお客様へ破損で届いた経験があるので、教訓にして工夫しています。
一番下の青いウレタンで包んであるのが当店の主な方法。薄いものでぐるぐる巻きにするのは避けています。
開封の際に商品をあちこち動かさないとならないので、破損の原因になるんじゃないかと。

e0324838_23532511.jpg

e0324838_23285124.png


e0324838_23570304.jpg

e0324838_23555119.jpg


by wisteriaYT | 2017-05-25 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

e0324838_23203457.jpg

e0324838_23142214.jpg

e0324838_23155582.jpg

e0324838_23191978.jpg
ここは何十年も閉鎖されたままだったボルネの市場。かつてのこの市場の周囲には
たくさんの商店が建ち並んでいました。ここは数年前に開館して。
私が覚えているのは1991年ぐらいに骨董フェアーに使われていて偶然入ったことがある。
それからまた20年ぐらい閉まったまま。入場無料、周囲にある展示室は有料。
ここもまた日曜の午後は無料なのでガラスにへばりつく様にして観察します。
カフェもあり、WIFI環境がよかったらここで仕事したいところなんだけど。
http://elbornculturaimemoria.barcelona.cat/es/




by wisteriaYT | 2017-05-11 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

博物館で細部を観察

いつもの博物館です。毎週土曜日の午後は入場無料なので何度も通います。
客はほとんどいないので貸し切りのようなもので、材質や技法等わ判る様に
かなり近寄って観察します。ロープなんて張っていないのです。
e0324838_01410396.jpg
スマホは接写に弱いのか、画像がイライラしています。
上のは木のレリーフ。下のは大理石またはアラバスターに着色。
アラバスターは練り物だという解説もありますが、天然石です。
私にはどちらなのか、特に古いのは見た目には判りません。
e0324838_01424653.jpg
下は聖人のローブの背なか。ローブのドレープが美しく表現されています。
細工は以前も解説した「エストファード」虫食い穴たくさんありますね。
e0324838_01435368.jpg
これはなぜ撮影したか忘れてしまいました。
たしか、この絵の下になにか描かれていたのを見つけたからでしょう。
右上に棒にかけられたカーテン、その左横に魚籠、網?のような物。
洗礼を見つめる中央の髭もじゃ男性の姿も気になります。
e0324838_01451558.jpg


by wisteriaYT | 2017-05-05 00:00 | 参考に | Comments(0)

刺繍の生地

e0324838_23181480.jpg

e0324838_23203516.jpg
売り物ではありません。博物館で許可を得て撮影した物です。
参考にどうぞ。


by wisteriaYT | 2017-05-02 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)

収集した参考写真など

e0324838_19155158.jpg

コズマと聖ダミアン

3世紀古代ローマ時代の双子の兄弟コズマとダミアン。兄のコズマは医学、弟のダミアンは薬学を極め、無償でで優れた医術を施し名声を博したが、キリスト教迫害政策をとったローマ皇帝ディオクレチアヌによって290年頃処刑された。右の薬壷を持っている方が弟のダミアン


e0324838_19160366.jpg


e0324838_19180608.jpg
中世の絵画の一部 陶器はスペイン、バレンシアの文様のようです


e0324838_19193403.jpg


e0324838_19200530.jpg
カルメル山の聖母子と聖シモン




by wisteriaYT | 2017-02-02 00:00 | 参考に | Trackback | Comments(0)